中古コンテンツ市場の現実性と影響 (♥)

前号のReDigiの記事で述べたように、中古コンテンツ市場の誕生はかなり近いと思われる。すでに影響と対応を考えるべき段階に入っている。出版社の立場はかなり苦しいが、まだ主導権をとれる可能性があり、紙では不可能だった古書市場からの収入を期待することもできる。影響として考慮すべきなのは図書館の電子貸出、そして本の内容(耐久性)、それに「新本」の価格形成との関係だろう。ここでは予備的な検討を行っておくことにする。  [全文=♥会員] … [Read more...]

Scroll Up