スパム出版対策でアマゾンがKDPのルール変更

デジタル時代の自主出版の最大の課題は、出版物としての体裁を整えることから、出版物として主張するだけの資格を有しているかを認めさせることだ。最大の自主出版サービス (Kindle Direct Publishing)を持つアマゾンは、このほど投稿ルールを改訂し、パブリック・ドメイン(PD)コンテンツを禁止した。Wikipediaなどの内容をそっくり転用し、有償コンテンツとして販売することが禁止される。「程度」の問題があるので、徹底にはかなり難しい問題があるが、正しい方向への第一歩と言えるだろう。 … [Read more...]

アマゾンKDPが「スパム天国」の汚名返上

アマゾンの自主出版サービスKindle Direct Publishing (KDP)を悪用した“スパム出版”が広がっているという、話題性のある情報は、今年3月頃に米国で初めて伝えられ始め、本誌でもお伝えした(6/23号)。その後の対応が注目されていたが、慎重に対処法を探ってきたアマゾンが取締りを強化したことが、NYTimes (Bits)やmocoNews.comなどで確認された(08/12)。出版革命に付き物の「盗用、剽窃、改竄」を検知・排除する効率的なプロセスは確立されたようだ。 … [Read more...]

Scroll Up