「Kindleの十大発明」後記

「Kindle以後10年」の第1部をようやく脱稿した。最初に「Web時代の出版とKindleの十大発明」から仕上げることにしたのは、それが何よりもかつて存在したことのない複雑精巧な「ビジネスモデル」であり、そうしたものとして理解できないと、アマゾンも(本題である)これからの出版も理解できないと考えたからである。 … [Read more...]

Kindleの10大発明・各章要旨

本誌の出版プロジェクトとなる『Kindle以後10年 (I) Kindleの十大発明』は予告通り近日発売となりますが、各章の要旨が確定しましたので掲載いたします。「十大発明」をテーマごとに7章の中に構成し、ストーリーとして分かりやすくしました。ご期待ください。 … [Read more...]

消費者から顧客へ

楽天が出版取次3位の「大阪屋栗田」を子会社化することが新聞で報じられた。「ネットとリアルの融合」をキャッチフレーズにしているが、合わせたところで融合するものではなく、そもそも書店の「顧客」などは融通できるものではない。「顧客」は軽い言葉ではないのだ。それを可能とするビジネスモデルはあるのだろうか。いやあり得るのだろうか。 … [Read more...]

『Web時代の出版とKindleの10大発明』発刊

本誌は、書籍出版企画として「デジタル出版シリーズ」を刊行することとし、『Kindle以後10年』3巻本を準備していますが、4月より「BOOK I:Web時代の出版とKindleの10大発明」(著者:鎌田博樹)を発行する運びとなりましたのでお知らせいたします。(とりあえずKindleでの提供となります) … [Read more...]