Kindle以後ノート(18):PoDの「デマンド」

アマゾンの「KDP Print」のサービスが(日本を除く)数ヵ国で開始され、この会社が一貫して目指してきた出版サプライチェーンのイノベーションが完成に近づいてきた。しかし、PoDの歴史は意外と長く、内容は千差万別だが、KDP Printはそれらと大きく異なる。重要なのはPoDにおける「デマンド」と実現されるビジネスモデルだ。 … [Read more...]

アマゾンCreatespaceをKDP Printに吸収 (♥)

米国アマゾンは、制作サービスのCreatespaceをKDP Printと統合することを発表した。KDPには専用のヘルプページが新設され、サービスの移行による影響とユーザーが取るべき作業を説明している。かねて予想されていた通りだったが、PODサービスがKDP Printに吸収されたことは、印刷本の性格が変わることを意味している。[全文=♥会員] … [Read more...]

KDPに新しい印刷本プログラム (♥)

米国アマゾンは7月10日、KDPを一般書店流通に拡大した新プログラム Expanded Distributionを発表した。これを使うことで、ペーパーバック書籍をオンライン、書店その他に配布できるが、著者の取分は小売価格の40%から印刷費用等を除いたものとなる。[全文=♥会員] … [Read more...]

アマゾン Createspaceが今春サービス停止する理由は?

アマゾンの自主出版サービス会社 Createspaceは1月24日、現在の顧客に対して同社が今春4月20日をもって営業を停止すると通知した。受託したファイルの更新は3月15日まで受け付け、すでに発行されたタイトルには影響しない。同サービスは印刷本の出版を希望する著者に、編集・デザイン、印刷、製本までのサービスを提供していた。 … [Read more...]

デジタル印刷のビジネスモデル(1):PoD 2.0?

この10年、出版界はもっぱら「紙かデジタルか」について考えてきたが、コンテクスト(5W1H)によって答が異なる問題に二者択一を求めるのは、むしろ現実回避の愚問だったというしかない。いま印刷の側の技術革新が進行し、すべての出版の当事者にとって具体的・現実的な選択が見えてきた。次はビジネスモデルだ。 … [Read more...]

ReedsyとBlurbが提携

協調型編集・制作プラットフォームを提供している英国のスタートアップ Reedsy(リーズィ:reed(葦)に由来)は、PoDを中心とした自主出版支援サービスで成功している米国の Blurbとの提携を発表した。原稿整理から紙/デジタル出版の全プロセスについて、著者を一貫してサポートするもので、PoDによって拡大したサービスを連携させることが期待される。 … [Read more...]

出版エコシステムの近未来:(1)アマゾンの戦略

先週の記事で紹介したアマゾン KDP Printは、キンドル出版者のためのオプションとして「簡易印刷本」を加えたものだが、紙とデジタルの両方を同時に選択肢とする、統合された出版プロセスという方向性を示した。そこでその関係がKindle/Amazonにおいてどう扱われるのかに関心が集まっている。 … [Read more...]

KDP Print=紙とE-Bookの統合:(2) 価格/品質革命(♥)

「紙 vs. デジタル」が無意味であること、どちらもオンラインに吸引されていることは米国市場の実態が示している。アマゾンは、フォーマットの選択を読者に近づけることでさらに多くの出版者を惹きつけようとしている。価格を下げれば市場はより大きくなる。それは消費者を喜ばせ、出版者は新しい現実に適応するだろう。それは「1かゼロか」ではない。[全文=♥会員] … [Read more...]

KDP Print=紙とE-Bookの統合: (1) PoD

アマゾンは昨年夏からテストしてきたKDP Printを公開ベータ版に格上げして商業サービスへの準備に入った。これはデジタルと紙の市場を透過的にすることで、KDP本の市場を拡大するものと考えられる。これまで「印刷本の電子化」を主流としてきた出版が、「E-Bookの製本」という方向に転換する契機となるかどうかが注目される。 … [Read more...]

次世代PoD出版:少部数本を宝の山に(♥)

これまでの出版ビジネスは、読者(読書空間)を供給側(フォーマット/価格/チャネル)に合わせてきた。供給に需要を合わせる「最適化」は、紙の経済性に合わない多くの出版機会を淘汰してきた。E-Bookは、その経済性でデジタルというフォーマットを成立させたが、出版における紙の問題はまだ残っている。[全文=♥会員] … [Read more...]

PoDから変える出版市場:KDP Print

アマゾンはPoDを使った印刷本出版の拡大に対応するため、KDPとCreatespace を統合したインタフェース KDP Print のベータテストを7月から開始している。ドイツでも始めていることから、世界展開を前提にしていると考えられている。「KDP印刷本」の増加は、市場にどんな影響を与えるだろうか。 … [Read more...]

出版社のロングテイル:浸透するPoD

Book Business Magazine (5/27)に、リコー (Inkjet Technologies)のロブ・モールキン氏が「絶版本の死はすぐそこに」という楽しい記事を書いている。もちろん、プロモーションにつながる話だが、大手出版社にも普及しつつある動きを反映していて参考になるので紹介して、PoD出版の可能性を考えてみたい。 … [Read more...]

Blurbがイングラムと提携、PoDを変える

高品質のPoDを得意とする自主出版サービスの Blurbが8月19日、イングラム社との間で世界的な流通に関する提携を行ったと発表した。新たに判型のバラエティを増やし、書店向け卸価格を設定、印刷製本料金の引下げを行ったほか、テキストをKindle用リフロー・ファイル(mobi/KF)として出力するサービスも開始している。 … [Read more...]

Blurbがハイブリッド対応の出版支援 (♥)

PoD自主出版支援サービスの Blurb(サンフランシスコ) は、需要の拡大と多様化に対応して、新たに一連のサービス・プログラムを発表した。無料デザイン・ツールの Blurb Bookwright を導入するとともに、Amazon.comを通じた販売・出荷を開始。さらに、 まとまった部数の発注にオフセット印刷と短期保管で対応する Agile Fulfillmentプログラム、カスタム印刷の受注も行うBespokeも立ち上げた。[全文=♥会員] … [Read more...]

第2のデジタル革命を起こす激安PoDの破壊力 (♥)

米国書籍流通大手のイングラム・コンテンツ・グループ(ICG)社は8月9日、従来の価格を3分の2あまりも下げた、オンデマンド印刷(PoD) 向けの「スタンダードカラー」印刷価格モデルを発表した。これは高速インクジェット・プリンタを利用したもので、同社はこれによりグループのライトニングソース社を通じた高速・低価格のPoDサービスを世界的に展開する体制を構築した。絵本や写真集、マンガのペーパーバックの在庫レス化が手に届くところにきたようだ。これはゲーム・チェンジャーになる新技術=サービスと言える。[全文=♥会員] … [Read more...]