FedExのオフィスプリントとオンデマンド印刷の間 (♥)

フェデックス(FedEx)は、今年4月にGoogleのCloud Printサービスを北米で開始したが、クラウド・サービス事業をさらに拡大し、同社のインタフェースを通じてGoogle Drive、DropboxおよびBoxに置かれたドキュメントの印刷に対応する。アプリ間の文書の移動の手間を省いたことで、とくにモバイルデバイスからの利用が簡単になる。マニュアルなど企業ドキュメントの印刷が想定されるが、E-Bookのオンデマンド印刷(PoD)との距離は限りなく近く、アマゾンのライバルが提携する可能性はきわめて高い。[全文=♥会員] … [Read more...]

デジタルから紙へ:オープンロードが逆進出

デジタル出版のオープンロード社(Open Road Integrated Media)は2月28日、イングラム社のPublisher ServicesおよびLightning Sourceサービスを利用して印刷版の提供を3月から開始すると発表した。従来から行ってきたオンデマンド印刷(PoD)を拡充することで、E-riginalsシリーズや絶版本の印刷版の販路拡大を目指す。デジタルと紙の隙間を継ぎ目なくつなぐサービスによって、出版社は市場とより密接につながる。 … [Read more...]

インプレスOnDeck印刷版がアマゾンPoDで発売開始

(株)インプレスR&Dは1月19日、電子出版ビジネスの専門電子雑誌「OnDeck Monthly」の印刷版をアマゾンのオンデマンド印刷(PoD)サービスを通じて発売開始すると発表した。価格は1,470円(税込)、サイズはB5版(ペーパーバックタイプ、本文モノクロ)。なお従来の電子版はiPadサイズのPDFで提供されており、価格は700円。流通面で大きな制約を受けている雑誌出版における電子と紙の併用のモデルケースとしても注目される。 … [Read more...]

ペンギンのデジタル革命:ショートとPOD

英国のペンギンは、ショートコンテンツの新ブランドPenguin Shortsを立ち上げ、オリジナルのフィクション、ノンフィクションのタイトルを、12月1日から発売する。1点£0.99または£1.99という値付け。米国ペンギンは2008年からPenguin eSpecialsという、やや実験的なショート・フィクションのシリーズを出しているが、これもPenguin Shortsに統一する。また、同社は全既刊本をオンデマンド印刷で提供すると発表した。大手印刷会社をパートナーとし、在庫管理まで含めて委託するもの。デジタル時代には版の管理と在庫の管理は同じことになる。 … [Read more...]

Scroll Up