総合出版企業となったReaderLink

バーンズ&ノーブル(B&N)の買収に名乗りを上げたことで知られるようになった書籍流通のReaderLink社は、Inc.誌の全米5000社ランキングで #4,801にランクされたことが発表された。過去3年間の高成長が評価されたもので、9月で終了する2019年度の決算では売上が12億ドルに達するという。同社は、計8万店舗を擁する700の書店およびチェーンを顧客としている。 … [Read more...]

B&Nの未来はどちらに?:Readerlinkの登場

Barnes & Noble の方向は、ヘッジファンドによる買収で決着し、あとは英国人のドーント氏の手腕に期待することにした人は多かったと思うが、総額4億7,580万ドル($6.5/株)の価格に「安すぎる」とクレームを付けた株主が応札権を主張して登場して、決着が延ばされた。Readerlink LLC は、シカゴ近郊の出版・流通サービス企業で、B&N株を3.4%保有している。 … [Read more...]

米欧企業連合が「非書店系」で第三勢力目指す(♥)

米国の非書店系書籍流通大手 ReaderLink Digital (シカゴ) は1月7日、電子図書館ソリューションや超廉価E-Readerで知られるドイツの txtr 社(ベルリン)との間で独占的な提携関係を樹立したと発表した。txtr/ReaderLinkは、デバイスからクラウドサービスまで、量販店やデパートなどの小売店が顧客に対してE-Bookを販売するソリューションを提供する。米欧連合、非書店流通という従来にない方向からのアプローチが第三勢力を形成するかどうかが注目される。[全文=♥会員] … [Read more...]

Scroll Up