EPUB3 標準DRM実装ソリューション(♥)

E-Readerを含むソリューションを提供するフランスのスタートアップ Teaが、EPUB 3のDRM標準を利用してビジネスを拡大している。このプロジェクトは CARE (Content & Author Rights Environment)と呼ばれ、標準DRMをサポートする。また来年にはこれを実装した Webreaderの発売を予定。標準がビジネス/サービスの可能性をつくる良い例と言えるだろう。[全文=♥会員] … [Read more...]

EPUB 3のReadiumに初のデスクトップ実装

EPUB 3のオープンソース実装プロジェクト (Readium 2) のデスクトップ版が3月21日、EDR Labからリリースされた。2012年2月の発表以来、6年の歳月が経過している。Chrome版に続いて、Windows、Linux、macOSでも利用可能となり、実装されていない標準機能などの普及が進むことも期待される。ここまでは長かった。 … [Read more...]

txtr がEPUB3リーダiOS版をリリース

欧州のE-Bookストアでソリューションも提供する txtr は5月21日、Readium SDKを使ったiOS7対応リーダをリリースしたと発表した(→iTunes)。サードパーティにもOEM供給されるとのことで、EPUB/Open Web Platform環境の普及が加速されることが期待される。Android、Windows 8も開発中で、Web版は今年後半のリリースとアナウンスされている。 … [Read more...]

ACCESSからReadium採用EPUB3ビューワ

(株)ACCESSは10月29日、EPUBビューワ PUBLUS Reader v2.0 のiOS対応版をリリースし、提供を開始したことを発表した(→リリース)。商用ビューワとして世界で初めて Readium SDKを採用し、動画・音声を駆使したリッチ・コンテンツの開発をサポートする。年内にも角川・BOOK☆WALKERストアから提供開始される予定。 … [Read more...]

EPUB3オープンソース開発加速へReadiumを独立

EPUB3をサポートするオープンソース・イニシアティブ Readium.org を推進してきたIDPFは3月25日、独立した会員団体 Readium Foundation として再発足させると発表した(→リリース)。今週金曜(29日)から開催されるパリのブックフェアで正式発足する。Readiumは、今後タブレットなど各種デバイスのネイティブ・アプリに最適化したEPUB3レンダリング・エンジンを開発するための開発キット(SDK)プロジェクトを推進する。拡張E-Bookを標準ベースで開発する体制が大きく進展し、出版社の負担は軽くなる。 … [Read more...]

出版社のReadium参加は“デジタル主権”への第一歩

アシェット・ブック・グループと英国アシェット社を傘下に持つアシェット・リーヴルは3月16日、IDPFのEPUB3普及のためのReadium Projectに参加することを発表した。Readiumは、大きな表現力を持つEPUB3の可能性を引き出すWebKit上のオープンソース実装を広く紹介するもので、多様なリーディング・ツールが利用しやすくすることで、コンテンツの開発を促進することが期待されている。アシェットの参加は、それに止まらず製作技術の主導権を出版界が手にするための第一歩となるかもしれない。 … [Read more...]

IDPFがEPUB3普及へReadium参照実装を公開 (♥)

EPUB標準を策定しているIDPFは2月13日、EPUB3普及のためのオープンソースWebKit参照実装を提供する、リーディアム(Readium)プロジェクトを発表し、Chrome用リーダを公開した。EPUB3はかなり規模の大きな標準で、実装は簡単ではないが、これが実例として提供されることにより、開発者の仕様への理解が深まり、負担が大幅に軽減されて標準の普及促進が期待される。アップルの「離反」によって立場が微妙になっていたIDPFの「反撃」と言える。HTML5をベースとするIDPF、アップル、アマゾンの仕様の競争から目が離せなくなってきた。 [全文=♥会員] … [Read more...]

Scroll Up