Scribdがオリジナルを「定額」に

Scribdは4月3日、新たにScribd Originals という出版ブランドを立上げた。これは定額購読者を対象としたプロジェクトで、昨年のWired誌のカバー・ストーリーとなったジャーナリスト、ギャレット・グラフ氏の「ロシア・ゲート」ものノン・フィクションの 'Mueller' s War' が最初のタイトルとなる。 … [Read more...]

「サブスク」離陸成功の意味:(2)「貸本」復活 (♥)

「サブスク」は、アマゾンのフラクタル(相似形)なビジネスモデルの深いところにあり、「プライム」から各種のコンテンツの"Unlimited"サービスに広がる。しかし、いまScribdという、普通サイズのブックビジネスが100万人という大台に達した意味は大きい。出版社も、いや書店も、「読者」を「顧客=会員」にしたいと考えている人は考えていただきたい。 [全文=♥会員] … [Read more...]

「サブスク」離陸成功の意味:(1)Scribd

Scribdは1月28日、定額読書サービスの会員数が100万人を突破したと発表した。アマゾンに先駆けて2013年に立上げ、Oysterの撤退や、Kindle Unlimitedの独走、「読み放題」(unlimited)をめぐる紆余曲折を経た後の大台到達で、同社とサブスクリプションの持続力は実証されたと思われる。「どんな定額制サービスでも転換点となる数字」と自賛するに足る。 … [Read more...]

Scribdが「読み放題」に復帰

2016年に定額制のフルサービスを一部停止していたScribdは2月6日、月額8.99ドルで無制限のE-Bookとオーディオブックへのアクセスを再開したと発表した。トリップ・アドラーCEOは2017年の会費収入が5,000万ドル以上、会員が70万人で年率50%以上で上昇していることを挙げ、採算の目途がついたとしている。 … [Read more...]

定額モデルの調整で採算軌道に乗ったScribd

試行錯誤をしながら定額制サービスのメニューを増やしているScribdは、約10紙ほどの高級紙と提携して、新聞記事の提供も始めたが、Publishers Weekly (05/23, By Calvin Reid)の記事で、トリップ・アドラーCEOが初めてユーザーの数字に踏み込んで語っている。それによると、有料会員は50万人に達し、採算性を確保したという。 … [Read more...]

Scribdが定額制コミックを停止 (♥)

米国の定額制サービス Scribdが先月にコミックとグラフィックノベルへのアクセスを停止していたことが明らかになった。一定のコミュニティを前提とする「定額」は、コンテンツと読者層の特異性のために日本のアマゾン KUでもトラブルを生じたが、米国では最初から成立が疑問視されていたものだ。[全文=♥会員] … [Read more...]

揺らぐ「読み放題」モデル (♥)

Scribdは2月16日、月額9ドルで読み放題という定額制サービスの約款を改訂し、3月中旬からは一部タイトルへのアクセスを月3点のE-Bookと1点のA-Bookに制限すると発表した。2013年末に開始された2社(ScribdとOyster)の「NetflixのE-Book版」を謳ったビジネスモデルは、これで事実上終わることになる。しかし、定額制は終わっておらず、著者の選択は軽くない。[全文=♥会員] … [Read more...]

定額制における戦略:(2)ニッチ連携 (♥)

Scribdは12月9日、定額制サービスに新たに2,600点以上の楽譜(ハル・レナード出版)を加えたほか、STM出版大手のエルセヴィア社から様々な専門分野の2万点のタイトル、セサミ・ストリートのブランド・シリーズ10種を加えることを発表した。いずれも月額$8.99の範囲で提供される。プロ向け専門書籍のユーザーを地道に加えていく垂直的アプローチは効果的だ。[全文=♥会員] … [Read more...]

Scribdがオーディオブックを別メニューに(♥)

Scribdは8月21日、オーディオブックの利用を月1点に限定し、それ以上は別料金とする定額制サービス内容の改訂を発表した。バランスシートに影響するほど需要が多すぎたための「調整」措置だが、ロマンスものをカタログから外したばかりでもあり、こうしたことが続けば顧客が離れるのではないかと心配にもなってくる。[全文=♥会員] … [Read more...]

Scribdがコミック1万点を追加

Oysterとともにコンテンツの急拡大で定額制サービスをリードするScribdは2月10日、新たに1万点のデジタル・コミックをカタログに加えたと発表した。これでタイトルは100万点に達した。すでにオーディオブックも加えており、ブラウザの機能拡張によって対応フォーマットのバラエティも増えてきた。 … [Read more...]

ハーレクインがScribdに15,000点を独占供給

カナダのハーレクイン社(ハーパーコリンズ傘下)は10月2日、定額制サービスを提供するScribdとの間で約15,000点タイトルの配給に関する独占契約を締結したことを明らかにした(→リリース)。ロマンス・シリーズをはじめ、HQN Books、MIRA Books、Carina Pressの各ブランドが含まれ、Scribdのアプリを通じて利用可能となる。 … [Read more...]

メディアドゥがScribdと提携

メディアドゥは7月3日、米国のドキュメント共有サービス大手の Scribd Inc.(スクリブド)との間で戦略提携を行い、昨年10月に開始した同社のE-Bookの定額制サービスに対し日本のコンテンツの提供を行っていくと発表した。まずは国内コンテンツの海外流通チャネルとして機能させていくとのことだが、出版社の対応によっては日本での定額制も実現する可能性が生まれた。 … [Read more...]

離陸する定額=購読サービス (♥)

サイモン&シュスター(S&S)は5月21日、定額サービスを提供する Scribd と Oysterの両社との間でそれぞれ、1万点以上の既刊本を提供する契約を締結したことを明らかにした。定額制で提供する大手出版社は、ハーパーコリンズ(HC)、ワイリー、ホートン・ミフリンに続いて4社目。HCは児童書専門のEPICとも契約している。離陸に必要な推進力は得られたと思われる。[全文=♥会員] … [Read more...]

E-Book版権保護はデジタルで

自主出版支援サービスの Smashwords は5月11日のブログで、Scribdが開発した自動版権保護のためのフィルタリング・システム BookID を使用した実績を公開した。コンテンツを解析して一種の「指紋」を作成し、登録データと照合して「陰性/陽性判定」を行う仕組みで一般にも公開されているが、申請段階でかなりの違法コンテンツを排除することに成功している。 … [Read more...]

2014年は「定額サービス」の年

定額サービスをリードする Scribd は4月30日、技術系出版のワイリー社との提携を発表し、同社のヒット・シリーズ "For Dummies" を含む既刊本1,000点を定額制サービスで提供することを明らかにした。スタートアップの Oyster も新たに3社と契約、月額10ドルで利用できるライブラリーもほぼ20万点に近づいた。定額のビジネスモデルの定着は予想より早そうだ。 … [Read more...]

Scroll Up