A-Book自主出版のネットワークが拡大

自主出版支援サービスのSmashwordsは、オーディオブック配信プラットフォームのFindawayと提携してA-Bookの制作支援を始める。AudibleのACXに対抗するFindaway Voicesを使うもので、同じような動きとしては Draft2Digital が昨年に契約している。非アマゾン系のA-Book環境がFindawayを中心に形成されてきた。 … [Read more...]

Smashwordsが10周年

自主出版プラットフォームのパイオニア Smashwords が今年5月に10周年を迎える。創業者のマーク・コーカー氏は、例年のように2017年のパフォーマンスの報告と新年の計画をブログで綴っている。良心的経営姿勢で知られる同社が、アマゾンKDP Select とUnlimitedで著者を確保するのが困難になる中で、昨年も黒字を維持したのは立派なものだ。 … [Read more...]

Smashwords:熱狂と挫折の10年 (前)

アマゾンと協力し、また対抗しながらインディーズ出版の歴史をつくってきたSmashwordsのマーク・コーカー氏が、歴史を振り返りつつ、アマゾンKindle/KUのもとに吸収された観のある自主出版が独立性を回復するための構想を語っている。前半は「裏切られた革命」。後半はもちろん完結してはいないが、気を取り直して再開したことは素晴らしい。 … [Read more...]

Smashwordsが年次調査2016年版を発表

独立系自主出版支援プラットフォーム Smashwordsのマーク・コーカー氏は、毎年恒例となる調査 Smashwords Survey 2016の結果を発表した。ジャンルではフィクションとくに恋愛小説、価格では$2.99-$3.99がスイートスポットだという。予約やシリーズ化のマーケティング効果なども示されていて興味深い。 … [Read more...]

Smashwordsが成長軌道を維持

自主出版支援プラットフォームのパイオニアであるSmashwordsは、12月31日のブログで2014年の数字を発表した。2008年以来の着実な成長カーブは維持され、著者10万1,300人、出版点数は前年比22%増の33万6,400点を数えるに至っている。もちろん44.5%増で27万6,100点となった前年と比べれば「減速」と言えないこともないが、数が多ければよいわけではない。 … [Read more...]

自主出版はどこへ行くのか(1) ♥

年末にかけて米英では自主出版をテーマにしたイベントが開催され、デジタルとともに登場し、急速に進化してきたこのビジネスモデルがどう成熟し、どんな課題に直面しているかを知る場を提供した。それは商業出版社のそれと変わらない。ここでは業界の草分けであるマーク・コーカー氏の味方を紹介する。[♥会員向け=年内一般公開] … [Read more...]

E-Book版権保護はデジタルで

自主出版支援サービスの Smashwords は5月11日のブログで、Scribdが開発した自動版権保護のためのフィルタリング・システム BookID を使用した実績を公開した。コンテンツを解析して一種の「指紋」を作成し、登録データと照合して「陰性/陽性判定」を行う仕組みで一般にも公開されているが、申請段階でかなりの違法コンテンツを排除することに成功している。 … [Read more...]

デジタル・スランプ神話と出版世界の拡大

今年の米国E-Book市場の最大の注目点の一つは、E-Bookが「スランプに陥った」か「成熟した」のか、それとも(これまで伝えられてきた)2013年の数字(3Qまでのもの)が実態とは違っていたのか、ということだろう。これまで前者を前提とした出版業界関係者の安堵が伝えられてきたが、統計への不信を前面に出した声が目立つようになってきた。数字の問題なので、真実が判明するのも遠くはない。 … [Read more...]

Scribd+Smashwords=定期購読20万点

ドキュメント・サービスからE-Bookの定期購読サービスに進出したScribd は12月19日、自主出版プラットフォームのSmashwords と提携し、22万5,000点以上のタイトルをScribdのライブラリを通じて提供することで合意したことを明らかにした(→リリース)。両者の提携はシナジー効果が大きく、双方にとってメリットが大きいものとなろう。 … [Read more...]

購読モデルの持続可能性を考える(♥)

購読モデルで読者が気にするのは、月千円あまりでどれだけ読める(ものがある)か。著者/出版社が気にするのは、実際にどういう配分でいくら入ってくるかということだろう。これまで後者については情報が皆無だったが、自主出版支援サイト Smashwords のマーク・コーカー氏がパートナーである Oyster との契約スキームを明らかにしてくれた。著者にとって、条件はかなり良い。[全文=♥会員] … [Read more...]

データから読むインディーズ出版のノウハウ

自主出版サービス Smashwordsの創業者マーク・コーカーCEOは、5月2日にカンサスシティで開催された RT Booklovers Conventionで講演し、同社が行った調査データをもとに、本のマーケティングに有用なアドバイスを行った。標題、長さ、価格、表紙と販売との関係について興味深い事実が示されている。ここでは、簡単に紹介しておこう。価格を安くすること、大勢に従うことがベターであるとは限らないことを読み取っていただきたい。 … [Read more...]

急成長が裏づけられた米国の自主出版市場 (♥)

バウカー社は10月24日、米国における自主出版 (self-publishing)ビジネスに関するレポートを発表し、紙とデジタルを含めた2006年以降の年間出版点数の増加率は287%で、2011年には23.5万点に達したことを明らかにした。紙の本は14.8万点で、これはじつに印刷本総体の43%にも達する。E-Bookは8,7万点。この急成長市場でも、アマゾン (CreateSpace)は強く、紙の市場の40%あまりを占める。自主出版はいわゆる「自費出版」を超えて、商業出版社を介さない「第2の出版」としての性格を強くして、在来型出版との関係を書き替えつつあるといえよう。[全文=♥会員] … [Read more...]

Smashwordsがマーケティング支援機能を強化

自主出版プラットフォームをリードするSmashwordsは8月8日、同社が扱う独立系E-Bookを図書館やそのネットワークが直接購入し、貸出すことができるLibrary Directというサービスを発表した。これまでにThe Internet Archive、カリフォルニア州の220図書館によるCalifa、コロラド州ダグラス郡図書館の3つの配信システムと提携しており、Smashwordsの上位1万点が提供される。数千部を目標とする独立系出版にとって図書館は有力な市場でマーケティング手段となっている。 … [Read more...]

自主出版のSmashwordsが4周年で10万点目を刊行

独立系自主出版サービスでは最大の米国Smashwordsは2月14日、起業から4周年を迎えた同社が10万点目のタイトルを発行したと発表した。2008年にはKindleもマイナーな存在で、電子自主出版は失敗した出版企画の代名詞のような存在だったが、創業者のマーク・コーカーCEOはこの市場を育てることに成功した。競合は多いが、35,000人を数える著作者の信頼が成長を支えている。 … [Read more...]

成長軌道に乗った米国の自主出版とSmashwords

米国の自主出版サービス、スマッシュワーズ(Smashwords)の創業者で著名なブロガーでもあるマーク・コーカー氏は1月4日、同社の2011年の業績を明らかにした。前年比3倍以上となる222%増の9万2,000点を刊行、支援する著者と出版社も183%増の3万4,000に増加した。「出版に門番は必要ない」というコンセプトで2008年に創業してから4年で、このフリー・プラットフォームは大規模なビジネスに成長する入口に立ったといえる。 … [Read more...]

Scroll Up