ネット視聴サービス合法化で変わる米国TV業界 (♥)

TVの放送映像をWebで録画/視聴できるAereoの「ストリーミングTV」サービスに対する差止め請求を審理していたニューヨークの米国連邦控訴審裁判所(デニー・チン裁判長)は4月1日、これを適法とする判断を下した(→判決書)。Aereoは1日1ドル、月8ドルでモバイル/インターネット・サービスが提供できるようになり、同時にチャンネルをパッケージ販売する現行の有料TVのビジネスモデルに打撃を与える。これはTVの歴史における新しい1ページを開くことになりそうだ。変化は目前に迫っている。[全文=♥会員] … [Read more...]

ニールセンがSNS時代の“TV視聴率”評価法導入へ

TV視聴率調査で知られるニールセン社は12月17日、TV番組に関するTwitterの会話を解析した反響評価指標「ニールセンTwitter TV視聴率」(“Nielsen Twitter TV Rating”)のを発表し、Twitterの協力のもとに、2013年の新シーズンから導入すると発表した。タブレットやスマートフォンでストリーミングを視る時代に、わずかな「典型的」視聴者世帯のTV受像機を対象としたサンプル調査で番組の命運を左右する「視聴率」を決めてきたやり方は、そろそろ過去のものとなりそうだ。 … [Read more...]

ランダムハウスTVで始動するBMG新メディア戦略

ランダムハウス社は7月25日、親会社のベルテルスマン系フリーマントル・メディア(Fremantle Media)と独占契約してRandom House Television(以下RHTV)という新しいプロジェクトを米国LAを拠点に始めたことを明らかにした(paidCpntent, 7/25)。同社の刊行本に基づいたTV番組の企画制作にあたるもので、著者の協力が期待されている。フリーマントルは欧州最大の放送会社RTLグループの傘下企業で、番組制作と国際的な配給を行っている。 … [Read more...]

VIERAタブレットはリモコンかガジェットか

パナソニックはCES 2011を前に、VIERAシリーズと連携するタブレット製品「ビエラ・タブレット」試作機を展示し、2011年中に商品化する意向を表明した。Android搭載の4/7/10インチの3機種を用意するが、北米でサービス開始が予定されているVIERA Connectサービスにアクセスでき、メディアコンテンツやコマース、SNS等のサービスを利用する。またTVのリモコンとしても機能する。同社の旗艦であるVIERAのシステム製品とモバイルデバイスという性格をどう両立させるかがチャレンジとなる。 … [Read more...]

Scroll Up