txtrがブラウザ向けEPUB実装を拡張

独立系のE-Bookストア・プラットフォーム txtr(ドイツ)は9月2日、Readium SDKを使用したWeb/EPUB3リーディング環境を発表した。同社はReadiumコンソーシアムのメンバーでEPUB3レンダリング・エンジンを開発してきた。iOS7向けの読書アプリをリリースしているが。EPUB3の普及によって独立系プラットフォームという選択肢が生まれている。 … [Read more...]

txtr がEPUB3リーダiOS版をリリース

欧州のE-Bookストアでソリューションも提供する txtr は5月21日、Readium SDKを使ったiOS7対応リーダをリリースしたと発表した(→iTunes)。サードパーティにもOEM供給されるとのことで、EPUB/Open Web Platform環境の普及が加速されることが期待される。Android、Windows 8も開発中で、Web版は今年後半のリリースとアナウンスされている。 … [Read more...]

米欧企業連合が「非書店系」で第三勢力目指す(♥)

米国の非書店系書籍流通大手 ReaderLink Digital (シカゴ) は1月7日、電子図書館ソリューションや超廉価E-Readerで知られるドイツの txtr 社(ベルリン)との間で独占的な提携関係を樹立したと発表した。txtr/ReaderLinkは、デバイスからクラウドサービスまで、量販店やデパートなどの小売店が顧客に対してE-Bookを販売するソリューションを提供する。米欧連合、非書店流通という従来にない方向からのアプローチが第三勢力を形成するかどうかが注目される。[全文=♥会員] … [Read more...]

「千円」E-Reader時代到来か!?

E-Inkリーダは多様化に向かう、と本誌は予測しているが、ドイツのE-Book企業テクストル社 (txtr GmbH、ベルリン) は、シンプルで小型化を徹底させた新製品 txtr beagle を発表した。5型 (800x600)で128g、薄さ5mm、単4電池3本で約1年使用可能。最近のトレンドであるタッチスクリーン機能はなく、Wi-Fiもないが、Bluetoothをサポートし、タブレットやスマートフォンからデータをダウンロードする。同時に収納できるE-Bookは5冊と少ないが、通信会社から提供される予定価格は10ユーロと言われる。同社にはスマートフォンに近い4.3型、111gのMini … [Read more...]

図書館システムからの展開図る3M

2009年に製品発表をしながら挫折したドイツのE-ReaderメーカーTxtrは、その後ソフトウェアとサービスに転換し、eBookstore というシステムをライセンスする一方、プラットフォーム別のリーディング・アプリを提供していた。そのTxtrが業界の関心を惹いたのは、最近米国3M社の図書館システム部門(3MLS)が3M Cloud Library … [Read more...]