出版とビジネスの「ストーリー」

最近、Webのマーケティングでは「ストーリー」の重要性が強調されている。ブランド、商品、サービスの優秀性やお得感を訴求するだけでは差別化が困難なので、何かしら消費者の共感あるいはUXを呼ぶ「ストーリー」を消費者と共有することが、企業の価値を高めるためだ。[♥会員記事=GW特別公開 5/12まで] … [Read more...]

WattpadのWeb出版モデル (♥)

アマゾンを別とすれば、過去10年間に規模的、社会的に成功した出版ビジネスモデルは、既刊本マーケティングのOpenRoadとソーシャル出版のWattpadであると筆者は考えている。どちらも「版」のないところから出発し、Webの上で社会的・経済的活動としての「出版」を構築することに成功したからである。[全文=♥会員] … [Read more...]

Kindle以後ノート(6):儲からない本の価値

ヴァーマナは、ヴィシュヌ神の第5の化身だ。神々に敵対するアスラのバリ王のもとに乞食少年として現れ、布施として「3歩分の土地」を求め、約束を得る。宇宙大に巨大化した彼は3歩で天と地と地底を押さえつけ、王を服属させた。さて、本屋として人々の前に現れたベゾスは「顧客第一」を約束し満足を得た。人々は買い物の際には、先にアマゾンのサイトを見ることにした。その後の展開はご存知の通り。 … [Read more...]

ランダムハウスが進化する対話型 eCookbook

ランダムハウス社は6月11日、拡張型E-Bookによる新しい料理本の試行版で、この分野の可能性を開拓していく計画を発表した。iBooks Authorを使用してアップルストア向けに開発したシリーズに続いて、EPUB3版でプラットフォームをさらに拡大していく方針。同社のeCookbook は、ユーザー体験(UX)の拡張にフォーカスし、既存の印刷本をベースにしながら、画面表示・操作に最適化するよう機能を拡張させている。今後は月に1、2点のペースでリリースしていく予定。 … [Read more...]

Scroll Up