HMHが教育WebポータルとAPI公開(♥)

教育出版大手のホートン・ミフリン・ハーコート社(HMH)は5月20日、デジタル教材をデザイナーと開発者が協力して開発するためのWebポータルを開設した(→リリース)。開発環境とAPIをサードパーティに公開することで、エコシステム上のアプリを増やすのはIT業界のスタイルだが、出版でもそれが一般化する兆候と言えよう。[全文=♥会員] … [Read more...]

出版者のマーケティング・アプローチ (♥)

出版のマーケティングは、出版者側と書店側とに大別される。前者は「個々の本を売る」ためのものであり、後者は「任意の本のグループを売る」ためのものだ。ストアが「最適化」の方向をコントロールするダッシュボードを持つオンラインの世界では、立場の違いは利害の対立につながる可能性がある。世界の大手出版社がデジタルマーケティングを強化しているのは、アマゾンへの依存性が危険なほど高まっているからだ。では、ふつうの出版社はどうしたらよいのだろう。[全文=♥会員] … [Read more...]

Pages: 1 2

出版社向けFacebookマーケティング環境Odyl始動 (♥)

ソーシャルマーケティングのためのWebサービスを提供しているニューヨークのOdyl(オーディル)は9月13日、デジタルコンテンツに最適化したFacebookプラットフォームをリリースした。出版社や著者が、本(やアプリ)の抜粋、予告などを投稿し、読者の反応をチェックするメトリクス・ツールなども付いている。Odylはすでにアシェット、ハーパーコリンズ、マクミラン、ペンギン・グループ、ランダム・ハウス、サイモン&シュスターおよびエイヴォンなど大手各社を顧客に有している。[全文=♥会員] … [Read more...]

Scroll Up