WordPress 5.0最終リリース予定発表

WordPressの最新版 (5.0-Gutenberg) については本誌でも取上げていたが、11月19日にリリースされることが発表された。「バザール型」のオープンソース・プラットフォームの大改訂だけに、プラグインやサービスなどでコミットしているすべての関係者を満足させるものとはならず、失敗のリスクを覚悟しての改築・改装となる。 … [Read more...]

Atavist買収で進化するWordPress(♥)

WordPressの運営会社 Automattic は7月1日、デジタル出版社の Atavistを買収したことを発表した。独自のコンテンツ管理システム(CMS)、顧客ベース、定期刊行誌 Atavist Magazine を含むとされ、現従業員はAutomatticに移行する。出版ソフトウェアのユーザーは、20万人ほどを擁するとされるが、ほとんどが無償版という。[全文=♥会員] … [Read more...]

E-Bookにおける改訂とマーケティング(♥)

出版物の改訂・改版は、伝統的な「版」ベースの出版では例外的なものだったが、デジタル時代には本の付加価値とコンテンツ寿命を延長し、オーディエンスを維持し、売上を増加する効果的な手段である。それは紙の改訂サイクル(あるいはその有無)にも関連するが、紙の新刊本のコストとリスクを考えた場合は、現実的課題である。[全文=♥会員] … [Read more...]

Gutenbergで進化するWordPress (2)シフト(♥)

CMSのシェアで28.6%を占め、なお年率で1ポイント以上の拡大を続けているWPの次期バージョンは、記事/ページを単位とするスタイルから、個々のパラグラフ(段落)、図版、ウィジェット(ブログパーツ)を最小単位とするものとなるという。それによってWeb出版の世界がどう変わるかを考えてみたい。[全文=♥会員] … [Read more...]

Gutenbergで進化するWordPress (1)挑戦

Web出版の標準的なプラットフォームとなったCMSテクノロジーは、膨大な開発者とユーザーを吸引する一方で、大きな転機にある。一貫したサービス環境をSaaSで提供するサイトビルダーがコミュニティの脅威となっているのだ。WordPressは、Gutenbergフレームワークで新たな課題に挑んでいる。 … [Read more...]

Scroll Up